専業主夫がお得な情報と節約術をご紹介

CHIAKI

Yahooメールアドレスを複数取得する2つの方法とセーフティーアドレスについて

更新日:

Yahoo!を利用するメリットは、単純に様々なサービスを受けられることだけと思いがちですよね。

実は、Yahooでは簡単に安全なメールアドレスが複数取得出来ることをご存知でしたか?

今回は、用途別にメールアドレスを使い分けたい方必見、Yahooメールアドレス複数取得方法について解説していきます!

この記事から分かること

  • Yahooメールアドレスを複数取得する方法
  • セーフティーアドレスについて
  • 携帯端末からセーフティーアドレスを使う方法

Yahooメールアドレスを複数入手する方法は2つある

ここでは、Yahooメールアドレスの複数取得について、方法別に解説していきます。

Yahoo! JAPAN ID新規登録で取得する方法

上記ボタンからYahoo! JAPAN ID新規取得ページにアクセスします。

必要な情報を入力しYahoo! JAPAN IDを登録をクリック。

注意ポイント

一時期、Yahoo! JAPAN ID新規取得の際に、連絡用メールアドレスの入力が必要なくなっていたのですが、2019年5月現在、新規取得の必須情報となってしまいました。

ただし、1度使用した連絡用メールアドレスでも使用できるため、1つでもメールアドレスを持っていれば、いくらでもYahoo! JAPAN IDを新規取得することが出来ます。

入力した情報に誤りがなければ「同意して登録する」をクリックします。

これでYahoo! JAPAN IDの新規取得は完了です。

この時、同時にYahooメールアドレス(Yahoo! JAPAN ID+@Yahoo.co.jp)が新規で発行されています。

Yahooのトップページからコチラをクリックします。

移動したページでコチラをクリック。

Yahooメールの利用は準備完了です。

さて、このことからYahoo! JAPAN IDを作成すると自動でメールアドレスも取得出来るということが分かります。

何度でもYahoo! JAPAN IDは作成可能なので、メールアドレスを複数取得する方法にもなるということですね。

しかし、この方法だとYahoo! JAPAN IDも増えてしまうので管理が大変です。

そこで、次の方法が役立ちます。

セーフティアドレスを取得する方法

この方法は、事前にYahoo! JAPAN IDを取得しYahooメールが利用可能である必要があります。

まだ取得していない!という方は、本記事内の「Yahoo! JAPAN ID新規登録で取得する方法」をご覧ください。

Yahooのトップページからコチラをクリックします。

Yahooメールが開くので、

メール画面右上の「設定・利用規約」をクリック。

表示された項目から「メール設定」を選択、

すると、画面が切り替わるので、切り替わった画面の左端、メニューバーから「セーフティーアドレス」をクリックします。

作成画面が表示されます。

  1. ベースネーム
  2. キーワード
  3. 配信先フォルダ

以上3つを入力し終わったら「保存」をクリック。

次回からセーフティーアドレスを開くと、このように管理画面が表示されるようになります。これで作業は完了です。

セーフティーアドレスをもっと詳しく

セーフティーアドレスって

セーフティーアドレスは「ベースネーム」-「キーワード」@yahoo.co.jpで構成されるサブアドレスです。

まず、ベースネームを1つ設定し、キーワードを変えることで最大10個(最初のYahooメールアドレスを含めると11個)まで登録・追加することが出来ます。

また、Yahoo!BB会員でセキュリティーパックを利用している方は、最大で30個まで登録・追加することが出来ます。

逆に、いつでも削除が可能であり、古いアドレスを削除して新しいアドレスを登録......という使い方も自由。

メルマガや懸賞サイト、オンラインショッピングなどで自動送信メールがうるさいと感じる方、友人・家族・仕事用に使い分けたい方にとって非常に便利な機能です。

セーフティーアドレスを追加する

セーフティーアドレスの管理画面上部「追加」ボタンをクリックします。

すぐに「新規追加」画面が表示されるので、新しい「キーワード」を入力して配信先フォルダを選択します。

最後に画面右上の「保存」をクリックすれば追加は完了です。

配信先を新規作成・確認する

セーフティーアドレスの管理画面を開きます。

受信設定の配信先フォルダーにある「フォルダーの作成」をクリック。

新規フォルダー名を入力し「OK」をクリックします。

注意ポイント

このあと忘れがちですが、受信先を変更した状態になっているので、最後に画面右上の「保存」をクリックして下さい。

これを忘れると新規フォルダーは作成されたものの、セーフティーアドレスに紐づいていない状態となります。

このような形で、受信箱の下「個人フォルダー」内に新規フォルダーが表示されていれば成功です。

セーフティアドレスの削除と変更

厳密にはセーフティーアドレスを変更することは出来ませんが、1度削除して作り直すことが可能です。

方法は非常に簡単。

セーフティーアドレス管理画面で、削除したいセーフティアドレスをクリック。

その後、画面上部の「削除」ボタンをクリックします。

はい、終わりです。

このように削除完了を示すメッセージが出て完了です。

新たにセーフティーアドレスを作成したい場合は、追加と同じ手順でOKです。

ベースネームを削除・変更する

セーフティーアドレスの最初の文字がベースネームです。

これは、1度に1つしか設定出来ず、キーワードを変えることでセーフティーアドレスは増えていきます。

ここでは、そのベースネームを削除・変更していく手順を解説します。

セーフティーアドレス管理画面で、ベースネームが表示されている部分に「削除」という文字があります。これをクリックします。

ベースネーム削除確認画面が表示されます。

ここで「削除」をクリックすると作業は完了です。

あとは、最初にセーフティーアドレスを作成した時のように、ベースネームやキーワードを決めて作成すれば、新たなベースネームでセーフティーアドレスを利用することが出来ます。

注意点としては以下の2つです。

注意ポイント

  • ベースネーム削除・変更は2回まで
  • ベースネーム削除と同時に、そのベースネームで管理していたセーフティーアドレスも削除される

スマホ&iPhoneなどの場合

スマホやiPhoneでも、Yahooメールアプリからではなく、ブラウザからセーフティーアドレスの設定を行います。

携帯端末ゆえに画面レイアウトが少々異なりますが、操作手順はほぼ一緒です。

ここではスマホやiPhoneでセーフティーアドレスを使用可能とするまでを解説していきます。

ブラウザからYahooのトップページを開き、「メール」をタップします。

表示された項目から「メール設定」をタップ。

項目から「セーフティーアドレス」をタップします。

そのまま「作成する」をタップします。

ベースネームを設定します。

設定したら「確認」をタップします。

ベースネームの注意文を読んだら「決定」をタップ。

次にキーワードを設定します。

設定が終わったら「作成」をタップします。

特に必要が無ければ何もせず「設定」をタップします。

ここでは、ラベルや配信先フォルダーの設定が可能です。

これで作業は完了です。

次回からセーフティーアドレスを開くとこのような画面が表示されます。

パソコンのブラウザ同様、ベースアドレスの削除・変更や、キーワードの削除、セーフティーアドレスの編集などが可能です。

2つの方法を比較してみた

さて、ここまで読んで下さった方は、Yahooメールアドレスを複数取得する方法が2つあることが分かったと思います。

ここでは、その2つの方法を表を使って比較してみます。

Yahoo! JAPAN ID新規登録で取得する方法

アドレス取得数の制限 無制限
管理画面の使いやすさ 1つの画面で管理出来ない。受信ボックスを確認するのにYahoo! JAPAN IDを切り替える必要があるため非常に面倒くさいです。
アドレス削除 可能ですが、一緒にYahoo! JAPAN IDを削除するので手間。
アドレス 〇〇〇@yahoo.co.jpとなる。アドレス毎に共通する部分がドメインのみなので、他人に知られにくいです。
スマホ&iPhoneでの使いやすさ 使いづらいです。理由は管理画面の使いづらさ。Yahoo! JAPAN IDを切り替える時スマホではもっと苦痛になります。
6ヵ月間未使用だった場合の被害 Yahoo! JAPAN ID単位で未使用期間上限である6ヵ月がカウントされるので、過去のメールが削除される時もID毎であるため被害は少ないです。

セーフティーアドレスを利用する方法

アドレス取得数の制限 最大10個まで(Yahoo!BB会員セキュリティーパック利用で最大30個)
管理画面の使いやすさ 1つのYahooメール画面で全て管理出来るため使いやすいです。
アドレス削除 ワンクリックで済むため非常に簡単です。
アドレス 「ベースネーム」-「キーワード」@yahoo.co.jpとなる。ベースネームが1つしか設定出来ないので、それを知られると芋づる式にアドレスが発覚する恐れがあります。
スマホ&iPhoneでの使いやすさ 使いやすいです。1つのYahooメール画面で管理できるため楽ちん。
6ヵ月間未使用だった場合の被害 甚大。元になるYahooメールアドレスの受信ボックスを共有している形なので、全て消えます。最低1ヵ月に1回はアクセスするのが吉です。

ポイント

全体的にセーフティーアドレスに軍配が上がるものの、一部の利用者にとってはYahoo! JAPAN IDから取得する方法に利点がある場合があります。

上記表を元に自分に合った方法でYahooメールアドレスを利用して下さい。

Yahooメールアドレスを複数取得してみてどうだったか

まず、Yahooメールアドレスを複数取得する方法としては、圧倒的にセーフティーアドレスが優れていました。

最大10個まで無料で入手出来る点や、1つのYahoo! JAPAN IDで複数のメールアドレスを管理出来る点など、便利に感じた所がたくさんありました。

ポイント

不要になったら削除できる

作成した各アドレスに届いたメールを一括で確認できる

特に上記の利点は見逃せません。

結論としては、ネットサービスが増加し続ける昨今において、アカウント作成に必要なメールアドレスを手軽に用意出来るYahooメールは、かなり有用だと感じました。

まだ利用していない方は是非お試しください。

-yahoo

Copyright© CHIAKI , 2019 All Rights Reserved.