専業主夫がお得な情報と節約術をご紹介

CHIAKI

WordPress(ワードプレス)のリダイレクトとリンクエラーの違いについて

更新日:

この記事から分かること!

  • 便利なリダイレクト機能や種類について
  • リンクエラーや404エラーの詳細と対応策
  • 簡単に解決できるおすすめプラグインを紹介

ワードプレスにおけるリダイレクトとリンクエラーの機能や違いについて、それぞれ詳しく解説しています。

特にリダイレクト機能は大変役に立ちますので、まだご存知ない人はぜひ参考にしてみてください。

リダイレクトとは

ワードプレスを使用している人で、「リダイレクト」機能を知っているけど使ったことがない人は多いと思います。

まず、リダイレクトはどのような機能なのかというと、ウェブサイトにアクセスした際に自動的に他のページへ転送する処理のことです。

例えば、移転前の古いサイトへアクセスした人を新しく作ったサイトに転送したい場合、このリダイレクト機能を使用することで自動的に新しいサイト(移転先)へ飛ばしてくれます。

また、よく使われるリダイレクト機能には「301リダイレクト」「302リダイレクト」があり、この2つを状況によって使い分けることが多いです。

301リダイレクト

301リダイレクトは永久的なリダイレクトで、ウェブサイトやページが完全に移転した場合に使用されます

新しく移転した場合でも、旧ページの評価が受け継がれるのでページランクを失うことはありません

新しくサイトを解説した場合など、URLが恒久的に変更されるときは301リダイレクトを使用することが、閲覧者にとっても分かりやすく良い印象を与えやすいのでおすすめです。

301リダイレクトでURLの正規化をしよう

コンテンツ制作者にとって一番重要なSEO評価ですが、URLを変更していない場合でも301リダイレクトを設定することで評価向上に繋がるケースがあります。

それは「同一のコンテンツに対して、複数のURLが生成されているが、これらのURLを統合することができる」場合です。

URLの正規化が行われていない具体例は以下の通りです。

  • URL末尾のindex.htmlなどの拡張子等の有り無し
  • "www"の有り無し、サブドメイン
  • PC用、モバイル用でURLが異なる
  • 商品一覧ページのソート順で別URLが出力される

あくまで一例ですが、これらのURLを正規化してあげることで、検索エンジンからの評価を向上させやすくなります。

302リダイレクト

302リダイレクトは永久的ではなく、一時的な転送の場合のことを指します。

例えば季節限定のキャンペーンページや、ユーザーの地域やデバイスなどのアクセス環境によってURLを振り分ける際によく使用されます。

現在では、すべての30X系リダイレクトでページランクが失われないため、安心して利用することができます。

リダイレクトループとは

リダイレクトループとは、元ページと転送先のページとで相互に転送設定されており、永続的に転送が繰り返される状態になっていることを指します

リダイレクトループが発生してしまった場合は、大きく分けて2つの対処方があります。

ブラウザが原因で起こる場合

ブラウザが原因の場合は、ほとんどがブラウザに保存されているCookieが要因となりループが発生してしまうことがあります

この場合の対処法として、以下2つの方法を試せばほぼ解決することができます。

  • ブラウザのCookie削除
  • ページ履歴の削除

それぞれ使用するブラウザや環境により削除方法が違いますので、ご自身で検索して適切な削除方法を調べてください。

セキュリティソフトが原因の場合

セキュリティソフトが原因の場合も、ブラウザの対処法と同じ方法で解決することができます。

それでも問題が解決しない場合は、使用しているセキュリティソフトの利用を控えてください

リンクエラーや404エラーとは

リンクエラー404エラーとは、在しないページがリクエストされてしまいサーバーから「存在しません」とエラーが返されることです

もともとあったページが削除されていたり、リンク切れが起きている場合などに発生します。

リンクエラーによって起きる弊害は見逃せない

サイトなど長きに渡り運営していると、リンクエラー404エラーなどはどうしても起きてしまうトラブルです。

しかし、起きてしまうからとそのまま見過ごして良いということではありません。

なぜならGoogleの「検索品質評価ガイドライン」に、リンクエラー404エラーなどについての評価基準の記載があるからです。

このガイドラインによると、404エラーページなどでサイト評価が「低・中・高」の3段階に判断されます

サイトが高い評価を獲得するためには、以下のポイントに注意しなくてはいけません。

  • 満足できる情報量のメインコンテンツがある
  • より良いユーザー体験に繋がるコンテンツが用意されている
  • エラーについて、十分な説明がされており、エラー後の手助けもできている

このように、サイトを高く評価してもらうためには404エラーへの対応が必須になります

クローラーの回避率を高めるためにも、オリジナルの404エラーページを制作するのが良いでしょう。

リダイレクトとリンクエラーの違いは?

リダイレクトとリンクエラーの違いは以下の通りです。

リダイレクト:別のページへ永久・一時的に転送される

リンクエラー:ページが表示されない、リンク切れが起きている

どちらもSEOに関係しており、ページランクを決めるのに重要な要素となっています。

リンクエラーが起きた場合に考えられる原因と対処法

URLのスペルミスなどのユーザーミス

意外と多いのが、正しいURLではなく誤りのURLを打ち間違えて入力するケースです。

当然ながら、そのURLのページがない限り開くことはできません。

対処法ですが、単純に正しいURLを入力することで解決できます。

大量の記事やカテゴリを削除したことが反映されていない

大量の記事やカテゴリを一度に削除した場合、Googleなどの検索エンジンではまだインデックスされています。

そのため、検索して表示されたページを足がかりに訪問してきたユーザーは、除されたページを開くため404エラーを返すことになってしまいます

対処法として、不要なインデックスを削除し整理すればサイトを正常な状態へと戻すことができます

パーマリンクが正しく生成されていない

使用環境により、パーマリンクが正しく生成されていないケースがあります。

トラブルで多いのが、デフォルトからオリジナルなものへ設定変更した場合によく発生するようです

対処法として、もう一度パーマリンクの設定を変更し、しっかりと保存をすることで解決されることがあります。

リンクエラーを無視したリンクはどうなるの?そのままで問題ない?

リンクエラーを無視したリンクは、そのままにしておくとリンク切れを起こしたままになります。

その場合、検索エンジンの評価が低くなってしまうことがあるため、特別な事情がない限りはすぐに修正するようにしましょう

簡単に解決できるプラグインを活用しよう

リンクエラーなど、ひとつひとつを手動で探すのは大変苦労します。

そのため、サイト内のトラブルを自動で発見してくれるプラグインなどを活用し、極力エラーがない状態を保つようにしましょう。

Redirection

ワードプレスでリダイレクト処理を行うには、コードを書いたりなど面倒な作業が必要になります。

プロの専門家ならばスラスラと行える作業ですが、コードを書くのに不安を覚える人も少なくはないはず。

そこで、URLの設定をするだけでリダイレクト処理を簡単に行ってくれるプラグイン「Redirection」がおすすめです。

こちらのプラグインは、ソースURL(リダイレクト元)とリダイレクトさせたいターゲットURLを設定するだけで、簡単に転送を行うことができます。

対応しているリダイレクトの種類は以下の通りです。

  • 301リダイレクト
  • 302リダイレクト
  • 308リダイレクト
  • 307リダイレクト

サイト移転時のリダイレクト設定や、1つのURLを変更したい場合などさまざまなケースに対応できる便利なプラグインです。

404エラーのリンク切れチェックを行うこともできるので、ぜひとも活用してみてください。

ページランクはそのまま引き継ごう!

サイトやページを移転する際は、リダイレクト機能を上手に活用することでページランクの評価をそのまま引き継ぐことができます。

最初からスタートするのも良いかもしれませんが、ページランクは築き上げた財産です

特別な事情がない限りは、ページランクをそのまま利用するのが良いでしょう。

-WordPress
-, ,

Copyright© CHIAKI , 2019 All Rights Reserved.