ホワイトニングって本当に歯は白くなるの?どのくらい白くなる?実際試してみた!

投稿日:

世の中にはコーヒー・ワインやタバコなど歯に着色してしまうものが存在します。

この着色ですが、一度ついてしまうと普通の歯磨きでは中々落ちないので厄介です。

しかし、最近ではそういった着色を簡単に白くするというホワイトニングが流行っています。

そこで、今回はホワイトニングを試してみたいという方のために、実際に試した私が様々な感想などを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

ホワイトニングには様々な種類がある

歯科医院などで行ってもらうホワイトニングにも様々な種類があります。

  • オフィスホワイトニング
  • インターナルブリーチ
  • ホームホワイトニング

それぞれ何が違うのか見ていきましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは高濃度の薬剤(過酸化水素もしくは過酸化尿素)を利用して歯医者などで行うホワイトニングです。

高濃度の薬剤を利用するため、歯科医師や歯科衛生士など資格を持った人しか利用できないホワイトニングとなっています。

インターナルブリーチ

インターナルブリーチは神経がなくなり、黒くなった歯を白くするホワイトニングです。

なので、神経がある歯に対してこのホワイトニングを行っても効果はありません。

ホームホワイトニング

引用:楽天市場:ホワイトニング

ホームホワイトニングは自宅で弱い薬剤を利用して専用のマウスピースで光を当ててホワイトニングしていく方法です。

弱い薬剤を利用しているため長く光を当てなければいけない場合もあります。

ホームホワイトニングはネット通販で売っているものや歯医者で利用方法を教えてもらって行う方法などがあります。

オフィスホワイトニングのメリット

引用:とみたデンタルクリニック

今回はオフィスホワイトニングを体験してきたので、オフィスホワイトニングのメリットについて簡単に紹介します。

オフィスホワイトニングメリット

  • レーザー・LEDなどの光を使うため1回で白くなることが実感できる
  • セルフケアよりむらなく綺麗に仕上がる
  • 歯を白くすることによって笑った時に自信が持てる
  • 歯に何か起きた時にも薬などで処置してくれる

オフィスホワイトニングはセルフケアよりも綺麗に仕上げてくれるので安心できます。

また、歯科医師や歯科衛生士などの資格をもった方が施術を行ってくれるので、自宅では利用できない薬剤も使ってくれるというメリットがあります。

ということは、自宅で行うよりも白くなる確率が高くなるということです。

ホワイトニングの注意点

オフィスホワイトニングは一応医療行為なので、歯の状態によっては施術を行えない人や向いていない人が存在します。

歯科医院などに向かう前に自分の歯はホワイトニングを行えるのか確認しておきましょう。

また、場合によっては副作用などが起きることもあるので、副作用の内容についても確認が必要です。

ホワイトニングができない人・向いていない人

ホワイトニングができない人や向いていない人についてまとめました。

  • 授乳中
  • 妊娠中
  • 無力タラーゼ症の人
  • 虫歯
  • 歯周病
  • 象牙質形成不全症
  • エナメル質形成不全症
  • 神経が死んでいる歯
  • 詰め物
  • 歯にヒビがある
  • かぶせ物
  • インプラント
  • 変色が強い
  • 入れ歯
  • ブリッジ
  • 18歳未満(歯が成長しきっていないから)

特に妊娠中・授乳中・無力タラーゼ症の方はホワイトニングが行えないので注意しましょう。

その他当てはまる方は一応施術前に歯科医院などで相談するといいでしょう。

副作用

オフィスホワイトニングには実際に強い副作用が起きないものの場合によっては以下のような副作用が起きる可能性があるでしょう。

  • 知覚過敏
  • アレルギー
  • 歯の色が濃い人はしま模様が出る場合も

ちなみにセルフケアで個人輸入した薬剤には低い濃度のジェルではなく医療で使う高濃度のジェルなどが販売されていることもあり、そのジェルを誤った利用方法でケアすると、場合によっては歯肉がただれたりなど影響が出てしまうので、セルフケアの場合は注意しましょう。

薬剤の種類で効果は違う

先ほどもお伝えしたように、歯科医院などで行うホワイトニングとセルフケアで行うホワイトニングでは利用する薬剤の濃度が違います。

歯科医院などの場合

薬剤をつける時間が短いので歯に浸透せずすぐに色が戻る

セルフケアの場合

長めに薬剤を歯に付けるため薬剤が歯に浸透して色が長持ちする

ホワイトニングの費用相場

以下の条件で費用相場を比較していきます。

  • 美容整形外科⇒オフィスホワイトニング
  • 歯科医院⇒オフィスホワイトニング
  • セルフケア⇒通販で購入できるもの

美容整形外科

引用:【公式】湘南美容外科

美容整形外科でホワイトニングができるの?と思いますが、実は美容整形外科でも整形以外に「美容系の歯科医院」を行っているところも多いです。

その中でも今回は湘南美容外科のオフィスホワイトニングの費用相場を確認していきます。

上の画像を見るとオフィスホワイトニングは1回の料金で3万円以上します。

歯科医院

引用:【公式】安田歯科医院目白

歯科医院でオフィスホワイトニングを行う場合美容整形外科の歯科医院よりは比較的安価です。

ただ、歯科医院によっても高額な金額が発生するところもあるので、安いところを狙った方がいいでしょう。

セルフケア

引用:楽天:ホームホワイトニング

楽天市場などで「ホームホワイトニング」と検索すると自宅で簡単にホワイトニングできるジェルとLEDのセットが販売されています。

価格帯は5,000円~8,000円程度です。

美容整形外科・歯科医院よりはかなり価格が抑えられます。

先ほどもお伝えしたように、中には医療用のものも販売されている可能性もあるので注意しましょう。

ホワイトニングはセルフケア・通院どちらがいい?

ホワイトニングはセルフケアと通院どちらがいい、どちらが向いているのか以下にまとめました。

通院が向いている人

  • 予定などがあり即効性を求める人
  • 金銭的に余裕のある人
  • もし副作用など困ったときにケアしてもらいたい人
  • 歯科医院などに通う時間がある人

セルフケアが向いている人

  • 安く済ませたい人
  • 忙しくて通院できない人
  • 白さを維持したい人

どちらもメリットはありますが、やはり即効性を求めるのであれば、医療用のジェルを使っている歯科医院や美容整形外科です。

ネットで購入できるものはジェルの濃度が低いため何回も光を当てて徐々に白くしていくので時間はかかりますが、自宅ですぐホワイトニングできる点からは常に白さを維持しやすいメリットもあります。

ホワイトニングの体験談・治療までの流れ

それでは、オフィスホワイトニングの体験談・治療までの流れを紹介します。

日頃からコーヒーやワインなど着色しやすいものを摂っているので、そろそろ歯を白くしたいなという気持ちから某銀座の歯科クリニックに来院しました。

料金は上下20本で18,000円(税抜き)と価格も安めでした。

歯が綺麗になるのか!と想像するだけでわくわくです。

実際に治療までの流れは以下の通りとなっています。

①:現在の歯の色をチェック
⇒クリーニング、歯石を取った段階での歯の色を確認

②:オフィスホワイトニングを行う前のカウンセリング
⇒費用やホワイトニング方法・どれくらい白くなるのか説明を受ける

③:ホワイトニングを行う前の写真撮影
⇒見本の歯を実際の歯の前に置き写真撮影

④:歯の表面にある汚れなどを掃除

⑤:歯肉などを保護
⇒濃度の高いジェルなどを利用するので歯肉などを傷つけないために保護を行う

⑥:ホワイトニングのジェルを塗布

⑦:光を当てる

⑧:ジェルをふき取る

⑨:⑥~⑧を3回繰り返す

⑩:光を当て終わったら洗浄
⇒歯肉保護の薬などを綺麗にしていく

⑪:ホワイトニング後の写真撮影
⇒見本の歯を実際の歯の前に置き写真撮影

⑫:アフターメンテナンスについて説明をされる

上記の流れで治療は進んでいきます。

治療を受ける際に注意しなければいけないことがいくつかありました。

  • ホワイトニングジェルには触れないこと
  • 痛い場合はすぐに知らせること
  • 舌・頬は動かさないこと
  • 光は直視しないこと

治療時間は60分なので、口を動かせない状況はとても大変でした。

  • ホワイトニングは1回だけだとすぐに色が戻りやすい(着色しやすい)
  • ジェルが歯肉などにつき痛みが出ることがある

【写真付き!】ホワイトニングを行った前と後(1回目・2回目)

実際にオフィスホワイトニングを行った前後を写真付きで説明していきます。

上の画像がオフィスホワイトニングの治療を行う前です。

歯の上部が黄色くなっているのがわかります。

この画像がオフィスホワイトニングを行った後の歯です。(1回目)

実際に比較してみると少し白っぽくなったかな?という感じです

数回は通わないと「白くなった!」と実感できないかもしれません。

ただ、セルフで行うよりはすぐに効果は出るでしょう。

芸能人などのように「真っ白い歯」までしたい場合はかなりの時間が必要と説明されました。

こちらはオフィスホワイトニング2回目の画像。

2回目になるとホワイトニングを行う前より白くなるので、亀裂が目立ってきてしまいました。

もし元から歯に亀裂がある場合はこのような状態になるかもしれないということを頭に入れておいた方がよさそうです。

先ほど紹介した副作用、

  • 知覚過敏
  • アレルギー
  • 歯の色が濃い人はしま模様が出る場合も

については問題ありませんでした。

(※亀裂は目立つようになった)

実際に体験した結果ホワイトニングはおすすめなのか?

実際に18,000円(税抜き)のオフィスホワイトニングを2回(合計36,000円税抜き)行いましたが、1回目では「気持ち白っぽくなったかな?」という程度なので、これだとコスパは悪いのかなと感じました。

ただ、歯に何かあったときに見てくれるという点からすれば「オフィスホワイトニング」を歯科医院などで治療してもらう方がおすすめです。

しかし、安く済ませたい、歯の白さを常に維持させたいという方はネットで購入するのもいいでしょう。

ホワイトニングはおすすめ?

ホワイトニングすることによって、自然に笑える・綺麗に見えるという点からすればとてもおすすめです!

-美容
-, ,

Copyright© CHIAKI , 2019 All Rights Reserved.