専業主夫がお得な情報と節約術をご紹介

CHIAKI

Twitterでフォローが外れるときの原因と対処法について解説

今回はTwitterのフォローが外れる原因と対処法について詳しくご紹介します。Twitterのアプリと合わせて活用するのもおすすめのツールもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

Twitterのフォローが外れる原因

Twitterでそのアカウントをフォローをしていたはずなのに、いつの間にかフォローが外れている、ということがあります。

自分が好きでフォローしているアカウントだったり、よくチェックしているアカウントの場合、フォローが外れてしまうと最新情報が見られなかったり、DMでのやりとりができなくなったりと困ることが増えます。

フォローが勝手に外れてしまうのには、大きく分けて3つの要因があります。

ココがポイント

  • 相手の操作による原因
  • Twitter側による原因
  • 自分自身の操作や設定による原因

Twitterのフォローが外れるのは、このいずれかに当てはまることが多くなります。

相手都合による原因

フォローしている相手側が、操作設定を変えたためにフォローが外れることがあります。

この場合は自分自身で解決することが難しいうえ、特にフォローが外れたと通知されることもないため気づきにくいです。

相手にブロックされたため

フォローしている相手のアカウントから自分自身がブロックをされた場合、フォローをしていても外されてしまうことがあります。

ブロックをされると、そのアカウントへのアクセスが不可能となり閲覧することができなくなるため、フォローしていても外れるという現象が起こります。

相手側にこちらの操作をされた場合、フォローが外れたことに気づきにくいです。

ココがポイント

フォローが外れても通知などが行くことはありませんが、自分がブロックされたかどうかを確認する方法があります。

ブロックされている場合、相手のページにアクセスをするとプロフィールページやタイムラインを見ることができなくなり、以下の画像のように、「ブロックされています」と表示されます。

フォローが外れたことに気づいたら、まずはブロックされていないか確認してみましょう。

アカウントブロック後ブロック解除を行ったため

相手のアカウントページへアクセスもできる、タイムラインも見られるのにフォローが外れている、なんてこともあります。

それは、相手がこちらをブロックした後、ブロックを解除したから起こりうる現象となります。

ブロックをすることによりフォローを外れさせ、それを気付かれないようにするためにブロックを解除します。

まずは一度、フォローを外れさせたい相手のアカウントページへ飛び、「・・・」をクリックします。

そして開かれたメニューの中から「@ユーザー名さんをブロック」を選び、ブロックします。

これで、相手からのフォローが外れることになります。

その後、Twitterのタイムラインページの左側にあるメニューの中の「もっと見る」をクリックします。

開いたメニューのなかから、「設定とプライバシー」をクリックします。

すると、Twitterに関するいろいろな設定画面が表示されます。

左下画像のように「プライバシーとセキュリティ」をクリックすると、右下画像のようにセキュリティなどに関する設定が表れます。

そのなかの「ブロックしているアカウント」をクリックします。

そうすると、今現在ブロックしているアカウントを確認することができます。

アカウントの右側に表示されている「ブロック中」をクリックすると、ブロックを解除することができます。

そうすると、フォローを外された側は相手のアカウントページへもアクセスできるのに、何故フォローが外れたのだろう、と原因がわからなくなります。

アカウント削除のため

フォローしていた相手がアカウント削除をした際にも、フォローが外れるということがあります。

相手のアカウントを検索して、ユーザーがヒットしない場合はアカウント削除が考えられます。

この場合、こちら側からはどうすることもできません。直接の知り合いならば、相手の新しいアカウントを聞くなどの対処を取りましょう。

アカウント凍結やロックされたため

Twitterには、アカウント凍結やロックという現象が起こることがあります。

アカウントの凍結やロックが起こる原因はさまざまで、きちんと理由があります。

【アカウント凍結の原因】

  • スパム行為偽装が確認された場合
  • アカウント乗っ取りなどセキュリティ面が危険なアカウント
  • 他者に対して攻撃的な行為嫌がらせをしている場合

【アカウントロックの原因】

  • アカウントの乗っ取りが確認される場合
  • Twitterの利用規約に違反している場合

どちらの場合も、Twitter側から制限がかかる仕様になっており、解除するには適切な対処と連絡が必要となります。

フォローしているアカウントが凍結やロックされた場合、自然にフォローが外れる原因となります。

この場合もフォローしているこちら側からはなにもすることができず、凍結やロックされたアカウントが解除されるまでフォローをすることはできません。

相手が申し立てをして、アカウント制限が解除されたら、これまで通りフォローをすることが可能となります。

Twitter上のバグ

本当に稀なパターンではありますが、Twitterのバグによりフォローが外れるということが起こっています。

Twitterがアップデートをした際などに起こることが多く、こちらからはどうすることもできないものとなります。

フォローしていたはずのアカウントが一度に複数外れるなどが起こった場合は、Twitter側のバグを疑ってみましょう。

ココがポイント

Twitterアプリを常に最新のアップデート状態にしておくことで、こういったバグに合うことを減らすことができますので、アップデートは欠かさずにするようにしましょう。

自身の操作ミスによる原因

スマートフォンなどでTwitterを見ているときなどに起こりやすいのが、自分自身による誤操作です。

フォローしている相手のアカウントを見ているときなどに、ふと「フォロー中」を触れてしまったことによって「フォロー解除」されるということもあります。

他の原因を探る前に一度、自分の誤作動によりフォロー解除が起きていないか確認するのも大切です。

Twitterの乗っ取りによる原因

Twitterに連携することで利用できる外部アプリやサイトも多くあります。

その際に、悪質なアプリやサイトであると気づかずに連携を行ってしまいアカウントの乗っ取りが起きることがあります。

また、アカウント名から連想しやすいパスワードであったりすると乗っ取りも起こりやすくなります。

その場合、自分自身で操作した記憶がないのにフォローが外されていたり、見に覚えのないツイートがしてあったりという問題が起きます。

アカウント乗っ取りが起きていた場合には、直ちにパスワードを変更する、連携している外部サイト、アプリケーションを外すようにしましょう。

連携しているアプリを外す方法は、Twitterのホーム画面から左側の「もっと見る」をクリックします。

開いた中から、「設定とプライバシー」をクリックします。

設定画面が開いたら、「アカウント」の設定の中から「アプリとセッション」をクリックします。

そうすると、今現在Twitterと連携しているアプリやサイトが表示されますので、外したい連携アプリをクリックします。

すると、アプリの詳細とアクセス権が表示されるので、「アクセス権を取り消す」をクリックしましょう。

これで、連携していたアプリは削除されTwitterのアクセス権がなくなり、「アプリとセッション」のページにも表示されなくなります。

ココに注意

【アカウントの乗っ取りを防ぐために】

  • パソコンでTwitterアプリのウィルス対策をする
  • 他とは違う複雑なパスワードを設定し直す
  • パスワード入力とは別にログイン認証を利用する

自分自身で予防できることをして、アカウント乗っ取りを防ぎましょう。

フォロー解除されたかどうかを確認する方法は?

自分自身の誤作動などでない限り、勝手にフォローしていたはずのアカウントが外れていたら気になりますよね。

フォロー解除をされたかどうかを確認する方法は2通りあります。

相手のアカウントのページを見る

簡単に確認できる方法として、相手のアカウントページへ飛ぶという方法があります。

前述した通り、ブロックされていない限りは相手のアカウントページへ行き、フォローしているかどうかを確認することができます。

フォローしていたはずなのに、外れている場合はブロックされてフォロー解除後、ブロック解除されたなどの原因を疑うことができます。

ですが、上記の画像のように自分がフォローされたままの場合はブロックされたと考えにくいため、別に原因があると考えても良いでしょう。

自分のフォロワーを確認する

自分のフォロワーが少ない、確認できる人数の場合に試していただきたいのがこちらの方法です。

フォロワーを確認して相手のアカウントが見つからない、相互フォローしていたはずなのにフォローにもいないという場合、相手側の都合でフォローを外された可能性があります。

ココがポイント

フォロー数やフォロワー数が多い場合は、直接相手ページへ飛んで確認する方法がおすすめです。

フォロー解除されたかどうかは通知されるのか

上記で書いた方法などで意図的にフォローを外したりした場合に、相手へ通知されるのかどうかは気になりますよね。

結論から言うと、フォローを解除しただけで通知されることはありません。

しかしそれはあくまでTwitterの仕様であり、Twitterと合わせて利用できる便利ツールやアプリによっては通知される場合がありますので注意しましょう。

便利ツールと一緒に活用しよう

Twitterは、連携することでより便利に利用できるアプリや便利ツールが多数存在します。

フォローの解除通知を受け取ることができるツールもあるので、上手に活用しながらTwitterをより快適に運用していきましょう。

SocialDog

Twitterを非常に効率よく利用することができる便利ツールです。

フォロー、フォロワーを管理して細かい分析を行ったり、ツイートのリツイートやいいね数を分析して、より効果的なツイート内容を絞り出すことができます。

  • 特定のキーワードを指定しておくことで検索にかかるようにする機能
  • 3ヶ月ほど先までツイートの予約投稿が可能
  • 投稿内容に対する反応をまとめて細かく分析

様々なことができるツールとなっており、そのアカウントに合ったフォロワーをとても効率的に増やすことができます。

ココがおすすめ

ツイートの投稿内容を分析して、効率的にフォロワーを増やすためにはとても利用しやすいツールです。

企業や個人事業主の方にこそ、おすすめの便利ツールです。

えごったー

こちらは「SocialDog」に比べると、もう少し個人利用が多いイメージの便利ツールです。

えごったーで調べられることは主に以下の通りとなります。

  • フォロワーの仲良しさんがわかる
  • フォローを外した、外されたがわかる
  • ブロックの数やアカウントもわかる

この他にも色々と調べられるのですが、特におすすめしたい部分はフォローを外した、外されたことが確認できるツールとなります。

さらに、えごったーでは通知設定を行うことで、フォロー解除されたときに通知を受け取ることができます。

通知があるとフォロー・フォロワーの変化にすぐ気づけますし、より便利にTwitterが利用できるのでおすすめです。

フォローチェック for Twitter

こちらのツールはとてもシンプルな作りになっており、自分のフォローとフォロワーの関係性を調べることができます。

アカウント名を検索し、詳細を確認することで自分だけがフォローしているアカウント「片想い」相手からのみフォローされているアカウント「片想われのアカウントがすぐに把握できます。

その場ですぐに、アカウントのフォローやフォロー解除が行えるため、フォロワーを管理や整理する際に役立ちます。

ココに注意

こちらの機能は、鍵付きアカウントには対応していませんので注意が必要です。

フォローが外れたときの対処法

フォローが勝手に外れたりするのには、これまでに説明してきた何かしらの原因があります。

相手都合の理由だったりする場合は対処できないものもありますが、自分自身で解決することができる方法も存在します。

相手にブロックされていないか確認

まずはこちらの方法、フォローをしていた相手にブロックをされていないかどうかを確認しましょう。

ブロックされているかどうかを確認する方法は、上記でご紹介したツールを利用することもできますが、Twitter上でもすぐに確認することができます。

その方法は、まず相手のアカウントページへアクセスすることです。

その際、下画像のように表示された場合は見てわかるように相手からブロックされているということになります。

この場合はこちらからできる対処法はなく、相手からの解除を待つことになります。

もしも、Twitter以外で連絡を取れる相手の場合は理由を聞いてブロック解除をお願いしてみても良いでしょう。

お互いが不快な気持ちにならないよう、適切なアカウント作りを心掛けるのも大切です。

Twitterアカウントにログインし直す

Twitterのアプリや携帯端末の不具合によって、正しく表示されていないという場合も考えられます。

その際は一度Twitterを閉じて、アプリを再起動させてみましょう。

ログイン状態が続いた結果、不具合が生じたということもありますので、ログアウトしてから再度ログインすると直ることもあります。

ココがポイント

Twitterのアプリだけではなく、携帯端末ごと再起動させることで解決することもあります。

一度電源をオフにして、再度ログインを行ってみましょう。

乗っ取りが起きていないかセキュリティを確認する

Twitterのアカウント乗っ取りが起こっていないか確認することも大切です。

前述したように、既にアカウントが乗っ取られている場合は、連携しているアプリを外すことで乗っ取りを解除できることもあります。

こちらでは、そもそもアカウントが乗っ取られたかどうかの確認をする方法をご紹介します。

  • 自分でした覚えのないツイートがある
  • 送った覚えのないダイレクトメールがある
  • した覚えのないフォローやブロックアカウントがある
  • 何も変更していないのに通知を受け取った
  • パスワードが利用できなくなった

上記の問題が起きている場合は、アカウント乗っ取りが起きている可能性が高く考えられます。

アカウントが乗っ取られると、フォローが解除されるだけではなく、自分以外のフォロワーなどにも迷惑がかかることがあります。

アカウントの乗っ取りが判明した際には、すみやかにセキュリティを確認して適切な処置を取りましょう。

Twitterのエラーによる場合の対処法

Twitterを開き、タイムラインやトップページは表示できるのに、何故かフォローやフォロー解除を行うと「エラー」が起こる場合があります。

こちらは、Twitterのアプリ自体にエラーが起こっている状態なのでこちらからはどうすることもできません。

こういった問題が起こってしまった場合は、一度Twitterをアンインストールして再度インストールしてみると直りやすくなります。

再度インストールしても解決しない場合は、Twitterのサポートセンターへ問い合わせてみましょう。

CHIAKIの公式SNSはこちら!

-Twitter
-, , ,

Copyright© CHIAKI , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.