専業主夫がお得な情報と節約術をご紹介

CHIAKI

楽天スーパーポイントをお得に購入する裏技と手順について

更新日:

引用:【公式】楽天ポイントギフトカード

楽天スーパーポイントが購入できる楽天ポイントギフトカードをご存知でしょうか。

楽天ポイントギフトカードはプレゼント用、自分用などポイントに交換してしまえば、さまざまな支払いにも利用が可能です。

そこで、今回は便利な楽天ポイントギフトカードの購入方法~利用方法、メリット・デメリットなどを詳しく解説していきます。

楽天スーパーポイントが購入できるギフトカードとは

引用:【公式】楽天ポイントギフトカード

楽天ポイントギフトカードとは、楽天スーパーポイントが購入できるカードとなっており、このギフトカードを購入してポイントに交換すれば、楽天市場や楽天トラベルなど楽天で利用できるポイントに変わります。

楽天ポイントギフトカードを利用するメリット

楽天ポイントギフトカードを利用するメリットとして、以下のようなことがあげられます。

  • 家族や友人・知人へのプレゼントとしての贈り物
  • 複数回、買い物をしてなおかつ、クレジットカードがないがコンビニなどに何度も支払いに行くのが面倒な場合
  • クレジットカードは不安だけど、楽に決済を済ませたい
  • 買い過ぎないようにしたい場合

楽天ポイントギフトカードの種類

引用:【公式】楽天ポイントギフトカード

楽天ポイントギフトカードには金額やデザインなども含めて4種類が以下のように存在します。

  • 金額が固定で3,000円・5,000円・10,000円
  • 金額が1,500円~50,000円まで指定できるタイプ
  • デザインカードタイプで金額固定3,000円・5,000円・10,000円
  • デザインカードタイプの金額が1,500円~50,000円まで指定できるタイプ

金額固定タイプのものは指定せずに簡単に購入できますが、10,000円分までしか購入できません。

それに対し、金額指定のタイプは最低が1,500円からと金額固定よりも低く購入が可能です。

また、最高も50,000円まで購入できるので、大きな金額分を購入するという場合は金額指定タイプがいいでしょう。

楽天ポイントギフトカードを購入できる場所

楽天ポイントギフトカードが購入できる場所は以下のようになっています。

コンビニ

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • セイコーマート

ドラッグストア

  • ツルハドラッグ
  • ウエルシア
  • ココカラファイン
  • サンドラッググループ
  • マツモトキヨシグループ
  • くすりの福太郎

その他

  • ゲオ
  • エディオン
  • TSUTAYA
  • ドン・キホーテ
  • 関西スーパー
  • ジョーシン
  • 100満ボルト
  • SEIYU

上記で紹介した以外にも購入できる場所はあるので公式サイトで確認してみてください。

【公式】楽天ギフトポイントカード

楽天ポイントギフトカードの購入方法

楽天ポイントギフトカードの購入方法はとても簡単で、コンビニの入り口付近でよく見かける「ギフトカード」例えば、iTunesカードやGoogle Playギフトカード、任天堂プリペイドカードなどが並んでいる場所に楽天ポイントギフトカードも並んでいます。

そのカードの中から金額固定タイプもしくは金額指定タイプを持ち、レジに向かうだけです。

金額固定の場合はその金額分の料金を払えば購入可能ですが、金額指定の場合は店員さんに〇〇円と伝えなければいけません。

金額を伝えた後は支払を行うだけです。

たったこれだけで簡単に楽天スーパーポイントがゲットできます。

ポイントを受け取る方法

引用:【公式】楽天ポイントギフトカード

先ほど紹介した、楽天ポイントギフトカードですが、ただ購入しただけでは楽天スーパーポイントにはなりません。

まず、楽天ポイントギフトカードを楽天スーパーポイントに交換するには以下のサイトにアクセスすることが必要となります。

【公式】楽天ポイントクラブ:ギフトカード

上記の公式サイトにアクセス後、上のような画面が表示されます。「楽天スーパーポイント受取り画面へ進む」をタップしましょう。

ログイン画面が表示されるので、IDとパスワードを入力後「ログイン」をタップしてください。

ログイン後、楽天ポイントギフトカードの裏面に書かれているコードを入力するところが表示されるので、10桁を入力しましょう。
入力完了後、「楽天スーパーポイントを受け取る」をタップしてください。

これで、楽天スーパーポイントへの交換は完了です。

楽天スーパーポイントの利用方法

楽天スーパーポイントは楽天市場はもちろん、楽天トラベル・楽天ブックス・楽天モバイルなど楽天が行っているサービスにて利用することが可能です。

例えば、送料分だけ楽天スーパーポイントで払うことや、振込手数料分を楽天スーパーポイントで払うなど使い方はさまざまとなっています。

もちろん楽天スーパーポイントで購入商品の全ての金額を払っても大丈夫です。

全てポイントを利用する場合と計算例

楽天にて何かの商品を購入するとき、お支払情報に「ポイント利用」という項目が表示されます。

ここで、楽天スーパーポイントを利用するか、しないか選ぶことができるので、「変更」をタップしてみましょう。

ポイント利用の変更が表示されるので、全て利用したい場合は「すべてのポイントを使う」にチェックを入れましょう。
その後、内容変更を行います。

すると、上の画面のように全てのポイントが商品購入に利用されていることがわかります。

全てのポイントを利用した楽天スーパーポイントの計算例は以下のようになっています。

(最終的な合計金額)-(楽天スーパーポイント)

例えば、5,000円の商品を購入する際に、10,000ポイントの楽天スーパーポイントを持っていたとしましょう。
すると全てをポイントで払うことになるので、10,000ポイント-5,000金額になり、支払金額は0円で楽天スーパーポイントは残り5,000ポイントとなります。

一部のポイントを利用する場合と計算例

一部のポイントを利用する場合も、上の画面のように購入画面のポイント利用の「変更」をタップします。

すると上の画面が表示されるので「一部のポイントを使う」をチェックしましょう。
どれくらいのポイントを利用するのか入力して、「内容を変更する」をタップしてください。

すると、先ほど入力した一部のポイントのみ商品購入に利用されています。

一部のポイントのみ利用した楽天スーパーポイントの計算例は以下のようになっています。

(最終的な合計金額)-(一部のポイント数)

例えば、2,300円の商品を購入したとします。

端数の300円だけキリが悪いし楽天スーパーポイントで払いたいなというとき、一部のポイント利用で300ポイントと入力すれば、2,300円-300ポイントになるので、残りは2,000円払うだけです。

楽天ポイントギフトカードおすすめの利用方法

楽天ポイントギフトカードは自分が商品購入に利用する場合にもおすすめですが、何かを家族や友人にプレゼントしたい場合にもおすすめです。

例えば、家族・友人にプレゼントをしたいけど、何をあげたらいいかわからない。
だからといって、現金は少し気持ちが引けるという方もいるでしょう。

そういった場合には楽天ポイントギフトカードをプレゼントすると喜ばれます。

天市場などにはさまざまな商品が取り揃えられていますし、楽天トラベルで利用すれば旅行の足しにもなるでしょう。

どんなものがいいのかわからない場合にはこういったギフトカードをプレゼントすることをおすすめします。

楽天ポイントギフトカードの注意点やデメリット

有効期限に注意が必要

楽天ポイントギフトカードはいつまでも利用できるというわけではありません。

ンビニや購入場所のレジを通ってから6ヶ月以内に利用しなければ、楽天スーパーポイントはなくなってしまいます。

普通の楽天スーパーポイントは有効期限1年となっており、ポイントが貰えるたびに更新されるので、常にポイントを貰っていれば期限はないといってもいいでしょう。

ただし、楽天ポイントギフトカードで購入した楽天スーパーポイントに関してはそういったことは関係なく6ヶ月でなくなるので忘れずに利用することが必要となってきます。

利用制限に注意が必要

実は楽天スーパーポイントには1ヶ月に利用できるポイント数の制限が設けられています。

イアモンドランクの場合には50万ポイントを利用することが可能ですが、それ以外のランクの人は10万ポイントまでしか利用できません。

また、1回の決済で利用できるポイント数も決まっていて、ダイアモンドランク以外の方は3万ポイントしか利用することができませんが、ダイアモンドランクに関しては50万ポイント利用が可能です。

こういった制限もあるので、1回の決済に利用するポイントはしっかりと考えて使う必要があります。

転売はダメ

楽天ポイントギフトカードの転売は禁止されていますが、サイトによっては普通に売られている場合があります。

もちろん、普通に購入するより安く手に入る可能性はありますが、例えばすでに楽天ポイントギフトカードのPINコードが利用されていて、ポイントも何もないカードを売りつけられる場合もあるでしょう。

そういったトラブルなどを避けるために転売されている楽天ポイントギフトカードなどは購入しないようにしてください。

お得に購入する方法

楽天ポイントギフトカードをクレジットカードで購入するとお得

ギフトカードなどの商品はクレジットカードで購入することができない場合が多いのですが、楽天ポイントギフトカードに関しては以下のカードで購入することが可能です。

  • セブンイレブンのnanacoを利用する
  • ファミリーマートのファミマTカード

セブンイレブンでnanacoカードを利用する場合少し複雑ですが、nanacoカードに貯まっているnanacoポイントを電子マネーに交換します。

その交換したnanacoポイントで楽天ポイントギフトカードを購入すると、間接的にnanacoポイントから楽天スーパーポイントに交換したことになります。

また、ファミマTカードを利用して楽天ポイントギフトカードを購入するとTポイントを貯めることが可能です。

さらに、ファミリーマートではファミマTカード利用者限定で火曜・土曜限定のポイントを多く貰える日があるので、楽天ポイントギフトカードを購入するのはその日がお得でしょう。

なぜクレジットカードなどで購入した方がお得なのか

楽天市場や楽天トラベルなどで、楽天のクレジットカードを利用すると、「商品の金額分の楽天スーパーポイント」と「楽天クレジットカードの支払い分の楽天スーパーポイント」、2回ポイントが貰えるということになります。

基本的に楽天市場などでは商品金額に対して1%のポイントを貰うことができるので、クレジットカード分も合わせると2%となり2倍ポイントを貰えるという計算になります。

しかし、現金で購入してポイントに変えるような楽天ポイントギフトカードは楽天クレジットカードで購入することができません。
なので、普通に計算すると楽天市場などでポイントを貯めるより、1%減ってしまうという計算です。

ですが、上記で紹介したファミマTカードを利用すれば楽天スーパーポイントは貯められませんが、Tポイントは貯めることができます。

ファミマTカードは200円で1ポイント貰えるので、0.5%の還元率です。
これに楽天ポイントギフトカードを購入すれば、実質合計1.5%分のポイントを貰えたという計算になりますが、先ほどお伝えした2%は達成していません。

そこで、2%達成するために行ってほしいのが、ファミマTカード利用者限定の火曜・土曜でポイントの還元率が上がる日に楽天ポイントギフトカードも購入した方がいいということです。

ファミリーマートのファミマTカードにはランクがあり、そのランクによって還元率も変わってきます。

  • ブロンズ:商品購入(ポイント3倍)+クレジット・デビット利用(ポイント2倍)=合計ポイント5倍
  • シルバー:商品購入(ポイント5倍)+クレジット・デビット利用(ポイント2倍)=合計ポイント7倍
  • ゴールド:商品購入(ポイント6倍)+クレジット・デビット利用(ポイント2倍)=合計ポイント8倍

普通に買い物するだけでも5倍のTポイントを貯めることができます。

また、ランクが上がれば上がるほど貰えるポイントも増えるので、このキャンペーン期間に楽天ポイントギフトカードを購入すると同時にTポイントも多く貯めることができるのでお得です。

ポプラで楽天バリアブルカードを購入するとお得

引用:【公式】ポプラキャンペーン

楽天バリアブルカードとは楽天ポイントギフトカードの金額指定のカードを指します。

その楽天バリアブルカードを毎月5と0のつく日にポプラで購入すると100円ごとに1ポイント楽天ポイントが貯まるというキャンペーンを行っていますが、楽天ポイントを貯めるためには「楽天ポイントカード」の提示が必要なので注意してください。

-楽天

Copyright© CHIAKI , 2019 All Rights Reserved.