専業主夫がお得な情報と節約術をご紹介

CHIAKI

Money tree(マネーツリー)は本当に安全?マネーフォワードと比較してみた!

投稿日:

マネーツリーは口座残高・カード利用などが1つのアプリでわかり、それをもとに家計簿などを付けていくアプリです。

口座残高などの管理をするためには、自らの口座とアプリを連携させなければいけないので、本当に安全なのか?と不安になる方も多いでしょう。

そこで、今回は本当にマネーツリーは安全なのか、そしてマネーフォワードと比べてどちらが安全なのか比較もしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事からわかること

  • マネーツリーは徹底したセキュリティ対策を行っている!
  • セキュリティの強さはマネーツリーもマネーフォワードどちらも強い!

マネーツリーは本当に安全なのか!?

マネーツリーは口座残高やカード利用額などを一括で管理して、無駄使いがないか家計簿をつけていって資産を管理するというアプリです。

一括で全ての情報を見れる便利さはありますが、個人の重要な情報をこのアプリに預けるとなると気が引けます。

実際にマネーツリーを利用するにあたり必要な情報は以下の通りです。

  • 銀行口座
  • 証券口座
  • クレジットカード
  • ポイント
  • 電子マネー

このように、誰にも知られたくない情報(口座番号やクレジットカード番号など)をマネーツリーで扱うということから本当に安全でなければ利用できないということになります。

マネーツリーの安全性への取り組み

プライバシーについて

マネーツリーは利用する人のことを考えプライバシーにはとても気を使っており、以下のようなことを掲げています。

引用:【公式】マネーツリー

上の画像のように普段からのプライバシーの保持や退会後の完全なる情報の削除などを徹底的に行っていることを確認できれば、利用する側も安心できます。

上記以外にもマネーツリーは無料のアプリなのに広告を一切出さないという取り組みも行っており、広告を出さない理由は以下の通りです。

無料のアプリと言えば、広告を出して利益を得るというのが普通ですが、マネーツリーは「個人情報は個人のもの」という考えを元に広告を出さないようにしています。

広告を表示するためには少なからずあなたの情報が利用されているからです。

また、マネーツリーは「やること」以外にも「やらないこと」というのも掲げており、上の画像のように5つのやらないことを利用者に約束しています。

少し、難しい内容もありますが、とにかく個人情報を他の事には利用しませんという内容を伝えています。

TRUSTe(トラストイー)とは?

トラストイーとは個人情報をいかに大事に扱って、情報が漏れないようにしているかというのを証明するマークです。

どの会社でも取れるわけではなく、厳しい審査が必要で審査に通らなければこのマークは利用できません。

セキュリティを徹底している

マネーツリーはプライバシーの決まりを徹底している上に、セキュリティに関しても徹底しており、以下のようなことを掲げています。

引用:【公式】マネーツリー

また、セキュリティの「やること」の反対に「やらないこと」も掲げており、以下の通りになっています。

登録した内容から勧誘・有料プランへの勧誘・必要最低限の内容を登録などあなたの個人情報を第三者に渡して何かを行うということはありませんということを伝えています。

確かに何かの登録を行った際に、急に変なメールが来るようになったという経験があるはずです。

それは登録した情報が第三者に流れてしまっているという状況となっています。

しかし、ここまで「やること」「やらないこと」を掲げているということはセキュリティ・プライバシーにかなりの自信を持っていると考えて間違いないでしょう。

もし、情報が流出した場合は?

先ほどはマネーツリーのプライバシー・セキュリティーに関しての徹底した内容を紹介しましたが、絶対になにも起こらないということはないでしょう。

そこで、もし情報が流出したときに私たちは何をすればいいのか、保証はされるのかなど考えられることをまとめてみました。

情報が流れたとすると以下のような内容が流出してしまう可能性があります。

  • 年齢・名前・居住地・仕事
  • 登録した際のID・パスワード
  • 銀行口座情報・クレジットカード番号
  • 銀行口座暗証番号やクレジットカードのネットIDとパスワード

その他にも登録した内容は流れてしまう可能性もあり、最悪の場合全ての資産を失ってしまうなんてことも考えられます。

保証について

引用:【公式】マネーツリー:利用規約

結論から言うと、上の画像の利用規約第4条のように何かあっても保証はされません。

考えられるリスク

もし、情報が流出した場合、どのようなリスクが考えられるのか以下にまとめてみました。

■銀行口座やクレジットカードの情報が流出した場合■

  • 資産が盗まれる
  • 毎月のお金の流れがバレる

■居住地・名前・年齢・仕事などが流出した場合■

  • 名前や年齢などから自宅がわかってしまう
  • 名前や住所などが悪いことに利用される

これは最悪の場合のリスクですが、日頃からこのようなことを考えてマネーツリーを利用するといいでしょう。

対処法

もし、情報の流出がわかった場合以下のような対処法を行いましょう。

■銀行口座の暗証番号■

  • すぐに利用している銀行に電話をかけて口座を止めてもらう
  • もし、お金が利用された場合は理由を説明して窓口で相談してみる
  • 暗証番号を変更する

■クレジットカードのネットID・パスワード■

これはすみやかにID・パスワードを変更してください。

■居住地・名前・年齢・仕事■

この情報に関しては変更することができないので、こちらとしては何も行えません。

実際に私の知り合いはキャッシュカードを勝手に利用されてお金を全て引き出されたことがありましたが、その際に銀行に相談すると半額が戻ってきました。

ただ、なぜ半額なのかと言うと、日頃から暗証番号を変更していなかったことが原因のようで、暗証番号を頻繁に変更していれば全額戻ってくるようです。

意外とこういった情報を知らない方が多いかもしれませんので、お金が利用された場合には落ち着いて行動を取りましょう。

マネーツリーとマネーフォワードの安全性比較

マネーツリーは口座情報などを利用して家計簿をつけることが可能ですが、そういったアプリはその他にも「マネーフォワード」というものが有名です。

そこで、ここからはマネーツリーとマネーフォワードどちらが安全性に優れているのか表で比較してみました!

安全性比較項目 マネーツリー マネーフォワード
パスワードロック・指紋認証
データ通信暗号化
広告 広告は一切なし プレミアム会員で非表示に
退会時の完全なデータ削除 24時間以内に削除 48時間後に削除
トラストイーマークの有無
第三者へのデータ提供の有無
有料プランへの勧誘 一切なし 30日間お試し無料などあり
広告非表示にできるなど
定期的なセキュリティテスト実施
個人情報流出時の保証の有無

どちらも安全性では問題ない!

先ほど、表にてマネーツリーとマネーフォワードの安全性について比較しましたが、どちらも個人情報は慎重に扱っており、利用するには問題ないと言えるでしょう。

ただしどちらも安全性が高いとはいえ、いつ何が起きるかわからないというのも現実なので、その点を踏まえて利用するといいでしょう。

ちなみに、マネーフォワードは広告表示などがあったり、退会後のデータ削除は48時間後などのデメリットがあり、そういった点で比較するとマネーツリーの方が使いやすいですし、安全に感じるでしょう。

実際に1年間マネーツリーを利用してみた!

引用:【公式】マネーツリー

実際に1年間マネーツリーを利用してみました。

マネーツリーを利用する際にクレジットカード3つを登録していましたが、不正利用があったのは1回だけでした。

不正利用あったの!?と驚かれる方が多いかもしれませんが、この不正利用はマネーツリーが原因とも考えられません。

というのもこの不正利用があったとき、私は海外のサイトを利用していたので、恐らくそのサイトに不正利用されたのだと思っています。

マネーツリーが原因でないと考えると1年間利用しても何も起きなかったくらい安全ということです!

-Money tree

Copyright© CHIAKI , 2019 All Rights Reserved.