専業主夫がお得な情報と節約術をご紹介

CHIAKI

Google回答フォームで「このURLは有効ではありません」が表示されたときの対処法

投稿日:

引用:【公式】google

googleの回答フォームはイベントの参加可否や投票・情報の収集など様々な情報を多くの人から一気に集めることができるので、便利なサービスです。

しかし、この回答フォームを利用しようとして「このURLは有効ではありません」と表示され何もできなくなるという状況が起きることもるようです。

そこで、今回は「このURLは有効ではありません」と表示された場合の原因と対処法について解説していきます。

「このURLは有効ではありません」と表示された場合の原因

既にその回答フォームは存在しない

googleの回答フォームで回答を行おうとしても、「受付は終了しました」などの表示がされる場合は、実際に回答の受付が締め切られている場合もありますが、その回答フォームが何かの手違いなどで削除されている可能性があります。

教えてもらったURLがそもそも間違っている

google回答フォームは以下の方法でURLを教えることができます。

  • メールでURLを教える
  • URLを直接教える
  • リンクをサイトなどに貼りつける

メールの場合は自動的にURLが貼られて送られるので間違えるということはないのですが、URLを直接教えたり、リンクをサイトに貼るということをすると場合によってはURLが切れていて、URLが違うという可能性も出てきます。

そういった場合に上の画像のように「リクエストされたファイルは存在しません」と表示される可能性があるでしょう。

「このURLは有効ではありません」と表示された場合の対処法

先ほど「このURLは有効ではありません」が表示される原因を紹介しましたが、それらの原因に対して以下の対処法を行うと解決する可能性があります。

原因 対処法
回答フォームが存在しない場合 もう一度回答フォームを作成してもらうか、URLを教えてもらう
教えてもらったURLが間違っている 正しいURLをもう一度教えてもらう

【番外編】権限が必要と言われた場合は?

権限を付与してもらう

googleの回答フォームは普通に利用する分には特に権限などは必要ないのですが、以下のサービスを利用すると権限が必要になる場合があります。

  •  Google Apps for Work(ビジネス)
  • Google Apps for Education(学校)

こちらの2つは普通のgoogleフォームと違いビジネスや学校で利用することのできるサービスなので、回答フォームを利用する際にも権限が必要になる可能性があります。

権限をもらうためにはその回答フォームなどを管理しているオーナーに連絡をとって権限付与のお願いをしましょう。

そうすることで、回答フォームに答えることができます。

ドメインにログインする

また、先ほど紹介した権限付与以外にも、会社・学校などで与えられたgoogleアカウントを利用してログインすることで、回答フォームにアクセスすることが可能です。

なので、もし回答フォームを開けないという場合は会社・学校で利用するアカウントでログインしているか確認してみましょう。

【番外編】エラーが発生する

ブラウザのキャッシュ削除

ブラウザ上にキャッシュが溜まりエラーが発生するということがあります。

その場合ブラウザのキャッシュを綺麗にすることで、エラーが直ることがあります。

キャッシュを削除する方法としてまず、googleの回答フォームを開き、ブラウザの右上にある「縦に3つの点」をタップ。

メニューが表示されるので「設定」をタップ。

詳細設定の「プライバシー」をタップ。

「閲覧履歴データの削除」をタップ。

「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れ、右下の「データを削除」をタップします。

上の画面のようにこれらの情報も含まれますが大丈夫ですか?と確認されるので、大丈夫であれば「削除」をタップ。

キャッシュの削除が始まるので、この表示が消えれば削除完了です。

ブラウザを再起動

ブラウザを再起動することによってgoogleの回答フォームのエラーが直る可能性があります。

まず、スマホの右下「□」をタップします。

すると上の画面のように開いているアプリが表示されるので再起動したいアプリをスライドして消します。

もう一度アプリを開くことによってエラーが直っている可能性があります。

-google
-,

Copyright© CHIAKI , 2019 All Rights Reserved.