専業主夫がお得な情報と節約術をご紹介

CHIAKI

Facebookの知り合いかもをオフにするには?知り合いにバレないようにする手順を解説!

投稿日:


日本でも多くのユーザがいるSNS「Facebook」。

「Facebook」を使っていると、「知り合いかも」という表示がしつこくて嫌だという人も珍しくありません。

また、相手に「知り合いかも」と表示されてしまうがために、知らない相手からいきなり友達リクエストが来て困ったということも。

この記事では、Facebookの「知り合いかも」という表示をオフにしたいときはどうすれば良いのか、対処法を解説していきます。

Facebookの「知り合いかも」が表示される相手

Facebookで「知り合いかも」で表示されるのは下記のような相手です。

  • 共通の友達がいる
  • 同じFacebookのグループに所属
  • 同じ写真にタグ
  • アップロードした連絡先に登録されている
  • 同じ学校、職場などに所属

また、表示される範囲はプライバシー設定で選択している範囲によって異なります。

範囲を広くすれば、それだけあまり関係の相手が知り合いかもで表示されるのです。

逆にこの記事で紹介している方法を使えば、ほぼ友達や知り合いのみが表示されるようになります。

残念ながら全くのオフにはできないということに注意してください。

App Store:DLページ

Google Playストア:DLページ

ココがポイント

ここで紹介している方法以外にも、なるべく個人情報を載せない、タグをつけないことでも「知り合いかも」の表示を抑えることができます。

Facebookの知り合いかもをオフにしたら相手の表示はどうなるの?

Facebookの知り合いかもをオフにするため、「知り合いかも」の表示を削除したらどうなるのでしょうか。

実は「【自分側】Facebookの知り合いかもをオフにするには」の方法だけでは、相手の知り合いかもには表示されてしまいます。

つまり、自分の知り合いかもだけではなく、相手の知り合いかもにも表示されないようにするためには、自分側を削除するだけでは足りないのです。

ココがポイント

つまり、自分に表示されている知り合いかもを削除したところで、相手に何か起こるわけではありません。

相手に削除したということもバレないのです。

Facebookの知り合いかもの通知をオフにするには

知り合いかもの表示ではなく、通知をオフにしたいのであれば、まず「ハンバーガーメニュー」をタップしてください。

タップできたら「設定とプライバシー」「設定」の順に選択します。

「お知らせの設定」をタップ。

「知り合いかも」を選んでください。

あとは切りたい通知の方式をオフにしましょう。

色が付いている状態がオンなので、消えればOKです。

【自分側】Facebookの知り合いかもをオフにするには

自分に表示される「知り合いかも」をオフに近い状態にする方法について解説していきます。

知り合いかもを削除

Facebookの「知り合いかも」を表示させないようにするためには、リストを「削除」していくことが効果的です。

ホーム画面からも削除可能ですが、より消しやすいのは「友達を検索」をタップ。

「知り合いかも」リストからの方が効率的です。

こちらも「削除」を押していけばOK。

【相手側】Facebookの知り合いかもをオフにするには

相手側の「知り合いかも」から非表示にできる方法について解説していきます。

ただし、表示されにくくなるだけで、完全にオフになるわけではないことに注意してください。

ブロック

特定の相手に「知り合いかも」と表示されたくない場合は、ブロックする方法を使いましょう。

確実に知り合いかもをオフにできます。

まずは、表示されたくない相手を選択してください。

相手のホーム画面の「・・・」をタップ。

「ブロックする」を押せばOKです。

連絡先を同期しない

Facebookではアップロードした連絡先をインポートできます。

「知り合いかも」をなるべく表示したくないなら、連絡先の同期は行わない方が良いです。

もし、すでにこれを行っていた場合は、削除するようにしましょう。

同期した連絡先を削除するには、まず「招待とアップロード済みの連絡先を管理」へアクセスしてください。

アクセスできたら、「Messengerにアップロードした連絡先を見る」をクリックします。

「すべて削除」をクリックし、そのまま表示されたポップアップでも「すべて削除」をクリックすればOKです。

ココに注意

これを行うと、他者からの知り合いかもに表示されにくくなります。

ただし、全く表示されなくなるというわけではないため注意が必要です。

プライバシー設定を厳しめに

Facebookでは、プライバシー設定を厳しくすることで、相手の知り合いかもに表示されにくくなります。

というのも、Facebookではそのままの設定だと友達の友達であっても「知り合いかも」に表示されるようになっています。

これを友達のみに絞ることで、表示される相手が友達の友達から友達までに絞ることができるのです。

なお、プライバシー設定は下記の4つ絞るようにしましょう。

  • 電話番号からの検索
  • 投稿が表示される範囲
  • e-mailアドレスから探せる範囲
  • 友達リクエスト

ココがポイント

友達に登録している相手が少なかったとしても、自分の友達に友達が1,000人以上いたら、その人たちにも「知り合いかも」と表示されてしまうことに。

プライバシー設定を「友達」に絞ればこういった心配も解消されます。

電話番号

まずは自分の電話番号から「知り合いかも」が表示される範囲を絞ります。

ハンバーガーメニューをタップし「設定とプライバシー」を選択してください。

「プライバシーセンター」をタップ。

「その他のプライバシー設定」を選択します。

「電話番号を使って私を検索できる人」をタップ。

あとは、友達か自分のみに設定してください。

なるべく「知り合いかも」を表示したくない(数を減らしたい)という方は「自分のみ」を選択すると良いでしょう。

投稿

投稿がどの人まで確認できるか、も絞っておいたほうが良いでしょう。

まずはハンバーガーメニューをタップし、「設定とプライバシー」を選びます。

「プライバシーセンター」を選択。

「その他のプライバシー設定」をタップしてください。

過去の投稿のプライバシー設定を行いたい場合は、「過去投稿のプライバシー設定」をタップ。

「友達」または「次を除く友達」をタップして「完了」します。

これからの投稿の表示を絞りたい場合は「今後の投稿のプライバシー設定」を選択。

「友達」または「次を除く友達」をタップし、「完了」すればOKです。

e-mailアドレス

自分のe-mailアドレスを知っている相手の「知り合いかも」に表示されないようにするためにはこれを行うと良いでしょう。

まずハンバーガーメニューをタップし、「設定とプライバシー」を選択してください。

「プライバシーセンター」をさらにタップ。

「その他のプライバシー設定」をタップしてください。

あとは「メールアドレスを使って私を検索できる人」をタップ。

「友達」あるいは「自分のみ」を選択して「完了」してください。

なお、「自分のみ」にした方が相手に「知り合いかも」と表示されにくくなります。

友達リクエストを制限

友達リクエストの範囲を狭めるのも、知り合いかもをなるべくオフにできる方法のうちのひとつです。

まずはハンバーガーメニューをタップして「設定とプライバシー」をタップ。

「プライバシーセンター」を選択してください。

さらに「その他のプライバシー設定」を選択します。

「自分に友達リクエストを送信できる人」をタップ。

あとは「友達の友達」まで制限して「完了」すればOKです。

人を検索しない

まだ実装されてはいませんが、相手を検索することでその相手の「知り合いかも」に表示されやすくなるよう、Facebookの仕組みが変わる可能性があります。

そのため、なるべく色々な人のことを検索しないようにしておくと良いでしょう。

オフにしたFacebookの「知り合いかも」を復活させるには

知り合いかもの表示をオフにした後、復活することは可能なのでしょうか。

実はブロックしたものを復活させることはできますが、削除したものを戻すことはできません。

ブロックを戻すには、「ハンバーガーメニュー」から「設定とプライバシー」をタップし「設定」を選びます。

さらに「ブロック」をタップし戻す作業ができます。

なお、削除したものは戻すことができないと書きましたが、非表示にする反対の方法を取れば自然と表示されるように。

具体的に言うと、下のようなことを行うと良いでしょう。

  • プライバシー設定を緩める
  • 連絡先を同期する
  • 知り合いかもを削除しない

もし、特定の相手に知り合いかもを表示したくない場合は、そのままブロックしていても問題ありません。

このようにすれば、そのうち知り合いかもの表示が復活するでしょう。

ココがポイント

相手をブロックしたことはバレるのでしょうか。

バレにくいですが、相手が貴方とスレッドが開始できなかったり、タグ付けできなかったりなどでバレる可能性がないわけではありません。

-facebook
-, , , ,

Copyright© CHIAKI , 2019 All Rights Reserved.