アートメイク眉毛を試してみた!仕上がりはどんな感じ?流れを解説!

投稿日:

 

メイクの時短になるだけではなく、自分の技術ではできないような「自然で綺麗な形に整える」ことができる「アートメイク」。

アートメイクは、針を使ってその部位に色素を注入することで目や眉をくっきり、はっきりとさせます。

モデルや芸能人の利用者が多く、汗を搔いても、水に濡れても落ちません。

この記事では、アートメイクの魅力と実際に施術を受けた体験談を紹介していきます。

 

 

 

 

アートメイクって何?メリットは?

アートメイクとは一口に言っても、様々な部位に施術ができ、その部位によってメリットが異なります。

アートメイクできる部位としては下の通りです。

  • アイライン
  • リップ

この中でも眉のアートメイクのメリットは下の通り。

  • 整った眉を手に入れられる
  • すっぴんでも綺麗に
  • メイク時間の短縮
  • 水に濡れても大丈夫
  • 専門の医療スタッフによる施術なので安心

眉の形にコンプレックスがあるという方も、アートメイクなら自然で綺麗な形の眉を手に入れることができます。

特に眉毛のメイクが得意ではないという女性は多いです。

そうした人が眉毛のアートメイクをすれば、自分でメイクしなくても綺麗な整った眉に。

また、メイクへの時間短縮になり、ストレスも減ります。

アートメイクができない人

アートメイクができないという人もいます。

できない人の条件は下の通りです。

  • 施術日に体調不良
  • 妊娠中
  • 心臓病、糖尿病(重度)
  • アトピー・ケロイド体質
  • ヘルペス
  • 感染症
  • 緑内障や白内障(アイラインのケース)
  • 眉毛周辺に施術や注射をしたばかり
  • 皮膚病
  • 未成年者(要保護者)
  • アレルギー

未成年者の場合、クリニックによっては保護者の同伴で施術を受けることができます。

副作用とデメリット

多くのメリットがあるアートメイクですが、実はデメリットもあります。

アートメイクのデメリットは下記の通りです。

  • 1度入れると数年は戻らない
  • 流行や年齢に応じたメイクができない
  • 施術中に痛みを感じることも
  • 複数回施術を受ける必要がある
  • かさぶたになる可能性も
  • 赤みや腫れが出る可能性も
  • 痒み、痛みを感じる可能性がある

アートメイクは数年単位で落ちません。

少しずつ薄くなってきます。

そのため、流行が変わったときも形を変えることができないのです。

ただし、アートメイク除去手術もあります。

ココに注意

アートメイクの除去には、眉なら60,000円(メディカルブロー)もかかります。

さらに、1週間ほどメイクできなかったり、赤みやかさぶたに悩まされることに。

アートメイクの施術を受けるなら、なるべく除去は考えたくないですね。

施術後に気をつけること

アートメイク施術後は下記のようなことに注意してください。

  • 施術部位のメイク不可
  • しばらくは施術部位の色が濃い
  • 施術当日は入浴禁止とする医院も
  • クレンジング、洗顔料、基礎化粧品を施術部位に使用しない
  • 温泉、プール、海水浴はしばらく避ける
  • メイクの際は清潔な器具を使う
  • 日焼けしないようにする
  • 薄皮のめくれを見つけてもはがさない
  • しばらくは整形、脱毛できない
  • 洗顔の際に施術部位を避ける
  • 汗をかかないように
  • お酒を飲まない

施術したその日は化粧してはいけません。

翌日からメイク可能ですが、ペン室とパウダーのチップは避けるべきです。

医院によっては1週間は施術部位のメイクを禁止(メディカルブロー)するところもあります。

また、施術後1週間はなるべく施術部位を擦らないようにメイクしましょう。

ココに注意

病院でMRI検査を受ける場合は、アートメイクを受けていることを医師に伝えるようにしましょう。

アートメイクに使用されている色素には微量の酸化鉄が含まれており、これが検査結果に何らかの影響を及ぼす可能性があります。

アートメイクの費用相場

メディカルブロー公式サイト

アートメイクの費用相場はどうなっているのでしょうか。この項目では部位別の相場について紹介します。

サロン

アートメイクは実は医療行為です。

なんとなくサロンでも取り扱っていそうですが、もし取り扱っている場合、違法行為の可能性も。

アートメイクはクリニックで受けるようにしましょう。

クリニック

メディカルブロー公式サイト

アートメイクの施術が受けられるのは、「美容外科」や「美容皮膚科」といった科目を専門とするクリニックです。

また、すべての「美容皮膚科」や「美容外科」で取り扱っているわけではないことに注意してください。

アートメイクは自由診療なので、クリニックによってかなり料金に差があります。

ここでは、「メディカルブロー」「湘南美容外科クリニック」「銀座よしえクリニック」の料金を紹介します。

まずは、メディカルブローの料金設定は下の通りです。

メディカルブロー公式サイト

メディカルブローは他の医院とは少し異なり、施術者の熟練度によって料金が異なります。

7つのランクで非常に大きな料金差があるため、熟練のスタッフに施術をしてもらいたいという方はかなり高く付くでしょう。

さらにこうした金額に加えて、下記のような指名料(1回あたり)が発生します。

ノービスアーティスト~ロイヤルアーティスト:5,000円(税別)

マスター~グランドマスター:10,000円(税別)

「グランドマスター」ともなると、「トレイニー」と比較して13万円もの差に。なんと「トレイニー」の7倍以上の金額になるのです。

それでは、湘南美容外科クリニックの料金設定はどうなっているのでしょうか。

湘南美容外科クリニックの料金は以下の通り。

湘南美容外科クリニック公式サイト

眉毛のメニューしかないことに注意しましょう。

2回で大体88,000円~118,000円であることを考えると、メディカルブローなら「アーティスト~マスタートレイナー」の施術が受けられそうです。

銀座よしえクリニックのアートメイク(アイブロウ・アイライン)料金は下の通り。

銀座よしえクリニック公式サイト

さらにアートメイク(リップ)の料金は下の通りです。

こうして見てみると、各部位ごとの相場は下のように言えそうです。

眉:80,000円~120,000円(2回セット)

アイライン:20,000円~40,000円(上下別1回)

リップ:50,000円~60,000円(1回あたり)

ココがポイント

とにかく安く施術を受けたいという方(眉のみ)は、メディカルブローのトレイニー~アーティストから施術を受けることをおすすめします。

アーティストはMedicalbrows Artisit認定試験にクオリファイした者でないと昇格できないため、ある程度のクオリティと低価格を両立させたい場合は「アーティスト」が良いでしょう。

メディカルブローでアートメイク(眉)治療をした体験談

メディカルブロー公式サイト

今回は、芸能人やモデルが訪れるという「メディカルブロー」というクリニックで施術を受けることにしました。

このクリニックを選んだ理由としては、やはり芸能人が施術を受けるなら、高品質な治療が受けられるのではないかと感じたからです。

また、費用も予算内だったので、こちらに通うことにしました。

私の理想としては上の画像のような「ふんわりと自然に整った眉」です。

いつも眉のメイクには手間取っているので、アートメイクで時短できるようになったら嬉しいなとも考えていました。

メディカルブローの施術後の写真を見てみると、なかなか自然で整った形に仕上がっているので、期待に胸を膨らませながら、いざ来院。

到着したら問診票を書いてカウンセリングがあります。

問診票の内容は下記の通りです。

  • 住所
  • 妊娠中ではないか
  • 飲んでいる薬
  • 罹患歴
その後、必要事項の説明を読み、チェックを入れます。

 

注意事項の内容は下記の通りです。

  • 体調不良ではないか
  • 仕上がりには個人差がある
  • ミリ単位での調整はできない
  • コンタクトレンズは施術後2~3日しない
  • 整形していないか
  • MRIを受ける際は医師にアートメイクしている旨を伝える
  • ヘルペスができたら連絡を入れる
  • 日焼けしていないか
  • 脱毛していないか
  • 大事な予定の有無

さらに施術が受けられない人の特徴にも当てはまらないならチェックを入れます。

さらに下のような副作用があることにも注意しましょう。

  • 施術後しばらくは眉の色が濃い
  • かさぶたになる可能性も
  • 赤みや腫れが出る可能性も
  • 痒みや痛みが出る可能性も
  • しばらくは眉の色が濃くなる

なお、施術が受けられない人は以下の通りです。

  • 妊娠中
  • 心臓病、糖尿病(重度)
  • アトピー
  • ケロイド体質
  • 感染症
  • ヘルペス
  • 緑内障・白内障(アイラインの場合)
  • 皮膚病
  • 体調不良・その他病気(医師に相談)

こうした問診票への記入とカウンセリングが終わったら、施術室に案内されます。

まずはスタッフが黄金比を測って、完成図を顔に書いていきます。

実際に施術を開始する前に、麻酔クリームを塗って15分くらい放置。麻酔が効くまで待つので、少し待たされました。

放置が終わったら、皮膚を傷つけて色を浸透しやすくします。

何本もの細かい針で刺されているような感覚で、とても痛かったです。

特に真ん中あたりが痛くてびっくりしました。

再度、麻酔クリームを塗布し、色付けをしていきます。

2度目の麻酔で痛みは少しマシにはなりました。でも、やはり少し痛みが続きました。

アフターケアでは下記のようなことに気をつけます。

  • 温泉、プール、海水浴NG(10日間)
  • 整形、脱毛はしばらく禁止
  • ジム、サウナなど発汗を伴う行為は避ける(1週間)
  • 眉のメイクは1週間してはいけない
  • クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液NG
  • 眉にワセリンを塗る(3日間)
  • 赤みや腫れが出たら冷やす
  • 施術部位の近くは清潔な道具でメイク
  • 施術当日は飲酒NG
  • 日焼け対策をする
  • 薄皮がめくれても無理にはがさない

アフターケアで塗るワセリンは下のようなもの。

これを適宜、眉毛に塗っていきます。

アートメイクの治療前後

上の画像はアートメイク施術前(メイク済み)のものです。

上の画像は、施術後(1日目)のもの。

鏡を見て、濃くて違和感があると感じました。

施術後しばらくは濃く感じることが多いとは聞くので、このまま自然な感じに落ち着いてくれれば良いのですが……。

アートメイク施術後(2日目)の画像です。1日目よりさらに濃くなってしまいショックでした。

まるでイ◯トア◯コみたいで、外出するのが怖いくらいです。

本当に自然に落ち着くのか心配になってきました。

あと、眉毛1本はみ出ているのも気になります。

アートメイクをすると、3年くらいは落ちないのでどうしたものか、と思いました。

3日目に洗顔をしたら、少しだけ色が薄くなってきたことに気づきました。

触れると少しだけ痛いですが、何もしなければ痛みや痒みはありません。

小さなかさぶたや皮膚が少しずつ剥がれてきました。

こちらは5日目の画像です。色が落ち着いてきて自然な感じに仕上がりました。

痒みも痛みもありません。

最初はどうかと思っていたのですが、非常に良い結果に終わりました。

【体験談】アートメイクはどんな感じ?おすすめ?

施術当日や2日目は、外に出たくないとすら思っていました。

しかし、3日目4日目と経過してくると、色の濃さが落ち着いてくることに気づきました。

少しはみ出ているのが気になりましたが、日にちが経つごとにそれも気にならなくなったので良かったです。

5日目になると、色も落ち着いてきて「自然でふんわりとした仕上がり」に近くなってきました。

顔を洗ったり、汗を搔いたりしても眉毛が綺麗なままで、メイクも大幅な時短となったため、こうした点でもアートメイクはして良かったなと思います。

アートメイクが気になっている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

-美容
-, , , ,

Copyright© CHIAKI , 2019 All Rights Reserved.